116年目の新しい仁丹

「116年目の新しい仁丹」の有益情報をお届け!

こりゃ、良いね!/没落技術屋のお勧め

俗世から見放された没落技術屋。美味しいもの、健康に良いものを見つけて投稿します。

2010年03月18日

116年目の新しい仁丹

仁丹、といえば銀色の小さい粒で、
少し苦くて、かじるとスッキリする.....
御存知の方が多いと思います。
この商品、発売開始は明治時代のことだそうです。
ながーい、ロングセラーなんですね。

この仁丹シリーズに最近新商品が出たそうです。
創業116年めに発売されたので、
その名も『JINTAN116』です。

パッケージはこんな感じです。
1パッケージに100粒入っています。
仁丹外観.JPG


仁丹粒と定規.JPG

昔の銀色の仁丹よりも少し大きめで、やや黄色く透き通っています。
食べると、ちょっと苦い生薬の味と、ペパーミントの香りが口の中に広がります。

手の上の仁丹.jpg


お付き合いでの飲み会等が多い、毎日ストレスと戦っている、
疲れが溜まっていて気分がすっきりしない、お口の臭いが気になる.....
上記のどれかに当てはまる、忙しいビジネスマンに特にお勧めです。

『JINTAN116』は《医薬部外品》です。
ウィキョウ、カンゾウ、ケイヒ等の漢方生薬が入っています。

効能:二日酔い、気分不快、口臭、乗り物酔い、悪心・嘔吐、胸つかえ

創業116年目の新JINTNA
タグ:仁丹
posted at 18:37
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:医薬部外品
エントリー:116年目の新しい仁丹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。